無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
トム・ハンクス主演『ターミナル』
tom.jpg

今日は夫と二人で意味もなく池袋に行き、なんとなく流れで『ターミナル』を観ることになりました。

先日『ハウルの動く城』を観たのと同じ映画館だったので、チケット売り場の前に長蛇の列が見えても「どうせハウルの列だろうから、たいして混んでないんでない?」と思っていたら、そうでもなかったようでヾ(;´▽`A

思いのほか混んでいて、ちょっと意外でした。地味めなイメージだったから、なんとなくすぐ入れる気でいたのですが……。
まあ、初日が18日の昨日だから、すでに空き空きだったらヤバいか(笑)

一つ飛ばして次の次の回で観ることにして、バッティングセンターやマン喫で時間をつぶして入場すると、もう最前列まで混み混みでした。
でもそうだな、ハウルほどの混み具合じゃないかもしれません。

アメリカの空港へ降り立った男。
そのとき、祖国ではクーデターが起きて国が消滅していた。アメリカに入国することも祖国へ帰ることも出来ず、男は空港で待ち続けた……という話。

元ネタは実話で、フランスのなんとか空港には十数年空港内で暮らす男がいるそうです。
もっとも、映画『ターミナル』の彼に救いの手を差し伸べる国家は無かったのに比べ、実際の彼は複数の国からの難民認定を断ったそうです。

難民認定を受けて入国して仕事をして生活していくよりも、空港にいれば冷暖房完備なうえに空港内のショップや空港会社などのスタッフからの寄付や差し入れで暮らしていけるから楽なんだそうで……。

空港内のショップの店員さん曰く、「困っている人がいたら助けるのはあたりまえじゃない!」とのこと。
至極当たり前ですが、映画『ターミナル』で日本円にして3,000万円もの利益を得た彼に、以前と同じように差し入れしたりしてるのかな?

事前にそういった夢を砕くような現実を知ってしまっていたためか、いまいち映画にハマることができませんでした。

主人公が言葉を覚えたり仕事をしたりして、周囲に友達を増やしていくところなどは見応えありましたけどね。
しばしば笑い声があがったりして、決して悪い映画ではないのですが、キレイ事で描いていくのならお約束のまま終わらせてほしかったというかなんというか……。

★★☆☆☆

ってとこでしょうか……。
| | 映画・テレビ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sugamo.jugem.cc/trackback/319