無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
Excel2003初級
Word2003初級を終え、あともう少しでExcel2003初級が終わります。
Wordはすでに知っていることも多く、ぶっちゃけ眠くて仕方がなかったのですが、Excelは知らない機能がいろいろあって面白いです。

私が通うパソコン学校の授業はこんなかんじ。
生徒が座るデスクには、生徒の作業用パソコンと授業ソフトが入っている先生パソコンの二台がのっかってます。
授業ソフトは、講師がパソコンを使って行った授業そのままの音声とパソコン画面が表示されます。講師が動かすマウスのポインタの動きも再現されているので、ここをクリックしてこっちとか、この境界をクリックしてドラッグとか、マンツーマンで授業を受けているようなかんじ。
何かわからないことがあれば常駐の先生達にすぐ訊くことができるので、自分なりのスピードで授業を進められるんですね。
そんなわけで、隣の人はCGIやってるけど向こうの人はデザインやっていて、こっちの人はFlash作ってる……なんて授業風景。これ全部に対応できるなんて、若いお兄さんお姉さんな先生達ですが、かなりスゴッ! と尊敬してしまいます。

生徒用パソコンには『特打』だっけかな、タイピングソフトも入っています。
へなちょこの私ですが、一応ワープロ検定1級もってるんスよ! はじめてのキータッチは人差し指Onlyでしたが、それから右手Onlyになり、両手五十音になり、ワープロ検定1級とったときには練習してローマ字変換の両手うちを覚え、ブラインドタッチもできるんス!!
……が、久しぶりに左手小指はAから始めて練習してみたら、いやあ……酒場の親父(そのタイピングソフトのキャラ)に怒られまくり、何度もやりなおしてやっとこ合格ですよ。ふひー
普通に文章入力するのはついていけるのですが、B、H、R、L……なんてバラバラのアルファベットをすばやく打てとなると、しかもこの字はどの指と指定されると訳わかんなくなっちゃって……。

やっぱ、タイピングソフトは必要かも。
最初はちゃんとできてたと思うのですが、だんだん自分なりのクセがついてきちゃうもんですね。
今現在でも長い文章の入力はそこそこできていると思うのですが、キータッチの基礎がちゃんとできていれば、きっともっと早く正確に入力できるだろうと思ってがんばってます。
つーか、見てろよ酒場の親父! 

さて、前回から今まで習ったなかで「へ〜」と思った機能はこちら。
Excel2003

・連続データの入力(オートフィル)
フィルハンドル(選択してアクティブになったセルの右下角にある丸ポッチ)にカーソルをあて、終わりのセルまでドラッグする。
フィルハンドルをダブルクリックするだけでもOK。(隣のセルに数字が入っているときだけ)

・カーソルの移動
Enter    下
Enter+Shift 上
Tab     右
Tab+Shift  左
範囲選択したセル内で方向キー(←↑↓→)でセルを移動すると選択範囲が解除されてしまう。

・11桁までの数字は、入力するとセルが自動的に広がる

・セル幅の自動調整
幅を変えたい列の右側の境界線にカーソルをあててダブルクリックすると、その列のなかで一番文字量の多いデータにあわせて調整される

・数字の桁区切り(3000→3,000)
ドラッグして範囲選択、ツールバーの「,」をクリック

・サム関数(オートサム機能)
ある数字の合計、平均、最大値、最小値などを出力したいセルをアクティブにして、ツールバーの「堯廚鬟リックする。デフォルトは合計なので、それ以外の計算式を入れたいときは、「堯廚硫の▼をクリックして選択。それでよければ、もう一度「堯廚鬟リックすると確定。
| | パソコン教室 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sugamo.jugem.cc/trackback/71